髪の毛が枝毛だらけになる原因として、主なものは、髪の毛へのダメージです。

では、どんなダメージが枝毛だらけの髪になってしまうのかです。

まず、髪に摩擦をおこさせてしまうことで、これはブラッシングや睡眠中髪の毛が擦れることで起きてしまいます。

髪はこすれたりすることで、髪の表面にあるキューティクルが剥がれ、その結果、枝毛だらけの髪なってしまうんです。

つぎに、熱も影響します。髪の毛は、熱に弱いですから、アイロンやコテとか高温以外にもドライヤーの熱風、高温シャワーも、髪へのダメージのもとになります。

熱で髪のたんぱく質が変性してしまうんですよね。たんぱく質って熱で変性してしまうと崩れやすいんです。

あとは、紫外線も良くありません。紫外線によって、キューティクルが破壊され、髪の内部が露出してしまいます。

そのため、抜け毛だらけとかになってしまうんです。

それに、キューティクルが破壊されてしまうと髪の毛の内部のメラニン色素が失われ、髪が焼けたようになってしまうこともあります。

さらには、カラーやパーマ、ブリーチとかの薬剤で傷んでしまいます。
薬剤ってキューティクルを破壊してしまうんです。

で、ダメージを受けた髪というのは、実は修復されないんですよね。一度傷んでしまうと元に戻らないのが髪に特性です。

髪の毛って死滅細胞なので、修復できないんです。
では、どうすればいいかっていうと、要するに髪の毛が傷まないようにするしかないのです。

つまり、枝毛の原因になることを防ぐしかありません、

また、気をつけたいのは、シャンプー選びです。
シャンプーは、できるだけ保湿成分が入っているものを選びましょう。

枝毛だらけを防ぐには、髪の毛の水分保湿が大事です。

アルガンオイル、ホホバオイルといった天然保湿成分がおすすめです。また、弱酸性のアミノ酸系シャンプーもキューティクルが開くのを抑制する効果があります。

ほかにもトリートメントも大事です。
トリートメントは、髪の表面をコーティングして、潤いやハリをキープしてくれます。

トリートメントには、洗い流すタイプとそうでないタイプがあります。

洗い流すトリートメントの使い方はシャンプー後に使います。

シャンプーした髪は、キューティクルが開いているので、トリートメントで髪を保護します。

洗い流さないトリートメントの使い方は、入浴後に使います。表面をコーティングしてくれるので、枝毛を防いでくれます。

おすすめはミルク、クリームタイプです。保湿効果があるので髪もしっとりまとまりやすくなりますよ。