そもそも、どうしてアミノ酸シャンプーがいいのって、実はよく知らない人も多いのではないでしょうか?

いきなりですけど、人の体はたんぱく質でできているんですよね。で、タンパク質ってアミノ酸からできているんです。もちろん髪の毛も同様です。ケラチンというたんぱく質で、18種のアミノ酸から構成されているんです。

髪の成分と同じアミノ酸シャンプーであれば、刺激が少ないわけです。

また、アミノ酸には美容成分がつまっています。コラーゲンやNMFという保湿成分はアミノ酸からできています。

アミノ酸シャンプーのメリット
刺激が少ないので、髪や頭皮にソフト。頭皮環境を整えてくれる。髪がまとまる。といったところです。

アミノ酸シャンプーのデメリットには、洗浄力が弱いこと、保湿力が高すぎること、そして値段が高いということです。

とくにアミノ酸系のシャンプーは、髪にいいのはわかっていても、一般的なシャンプーの10倍近い値段という点が、かなり足かせになっています。

アミノ酸シャンプーの選び方としては、成分表示をチェックすることです。そして、その並び順で配合されている割合を確認することです。

たとえば、ラウロイルメチルアラニンNaは洗浄力もあり、肌にも優しいのですが、成分価格が高いんです。

また、ココイル系は、泡切れが良いので、洗い流した後もさっぱりした感覚です。ベタイン系は、髪のコンディションを整えます。

と、まぁ、そんな具合です。

あと、注意したいのは、アミノ酸配合シャンプーかアミノ酸シャンプーかです。

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホン酸といった成分は、アルコール系洗浄剤配合なので、アミノ酸シャンプーではありません。

似て入るけど、違います。

アミノ酸シャンプーの場合は、成分表示に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」「ラウロイルメチルアラニンNa」といった洗浄成分が配合されています。

ここは要チェックです。