「未分類」の記事一覧

アミノ酸シャンプーはどんなものを使うといいの?

未分類

そもそも、どうしてアミノ酸シャンプーがいいのって、実はよく知らない人も多いのではないでしょうか?

いきなりですけど、人の体はたんぱく質でできているんですよね。で、タンパク質ってアミノ酸からできているんです。もちろん髪の毛も同様です。ケラチンというたんぱく質で、18種のアミノ酸から構成されているんです。

髪の成分と同じアミノ酸シャンプーであれば、刺激が少ないわけです。

また、アミノ酸には美容成分がつまっています。コラーゲンやNMFという保湿成分はアミノ酸からできています。

アミノ酸シャンプーのメリット
刺激が少ないので、髪や頭皮にソフト。頭皮環境を整えてくれる。髪がまとまる。といったところです。

アミノ酸シャンプーのデメリットには、洗浄力が弱いこと、保湿力が高すぎること、そして値段が高いということです。

とくにアミノ酸系のシャンプーは、髪にいいのはわかっていても、一般的なシャンプーの10倍近い値段という点が、かなり足かせになっています。

アミノ酸シャンプーの選び方としては、成分表示をチェックすることです。そして、その並び順で配合されている割合を確認することです。

たとえば、ラウロイルメチルアラニンNaは洗浄力もあり、肌にも優しいのですが、成分価格が高いんです。

また、ココイル系は、泡切れが良いので、洗い流した後もさっぱりした感覚です。ベタイン系は、髪のコンディションを整えます。

と、まぁ、そんな具合です。

あと、注意したいのは、アミノ酸配合シャンプーかアミノ酸シャンプーかです。

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホン酸といった成分は、アルコール系洗浄剤配合なので、アミノ酸シャンプーではありません。

似て入るけど、違います。

アミノ酸シャンプーの場合は、成分表示に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」「ラウロイルメチルアラニンNa」といった洗浄成分が配合されています。

ここは要チェックです。

髪の毛が枝毛だらけになるのは、なぜなの?

未分類

髪の毛が枝毛だらけになる原因として、主なものは、髪の毛へのダメージです。

では、どんなダメージが枝毛だらけの髪になってしまうのかです。

まず、髪に摩擦をおこさせてしまうことで、これはブラッシングや睡眠中髪の毛が擦れることで起きてしまいます。

髪はこすれたりすることで、髪の表面にあるキューティクルが剥がれ、その結果、枝毛だらけの髪なってしまうんです。

つぎに、熱も影響します。髪の毛は、熱に弱いですから、アイロンやコテとか高温以外にもドライヤーの熱風、高温シャワーも、髪へのダメージのもとになります。

熱で髪のたんぱく質が変性してしまうんですよね。たんぱく質って熱で変性してしまうと崩れやすいんです。

あとは、紫外線も良くありません。紫外線によって、キューティクルが破壊され、髪の内部が露出してしまいます。

そのため、抜け毛だらけとかになってしまうんです。

それに、キューティクルが破壊されてしまうと髪の毛の内部のメラニン色素が失われ、髪が焼けたようになってしまうこともあります。

さらには、カラーやパーマ、ブリーチとかの薬剤で傷んでしまいます。
薬剤ってキューティクルを破壊してしまうんです。

で、ダメージを受けた髪というのは、実は修復されないんですよね。一度傷んでしまうと元に戻らないのが髪に特性です。

髪の毛って死滅細胞なので、修復できないんです。
では、どうすればいいかっていうと、要するに髪の毛が傷まないようにするしかないのです。

つまり、枝毛の原因になることを防ぐしかありません、

また、気をつけたいのは、シャンプー選びです。
シャンプーは、できるだけ保湿成分が入っているものを選びましょう。

枝毛だらけを防ぐには、髪の毛の水分保湿が大事です。

アルガンオイル、ホホバオイルといった天然保湿成分がおすすめです。また、弱酸性のアミノ酸系シャンプーもキューティクルが開くのを抑制する効果があります。

ほかにもトリートメントも大事です。
トリートメントは、髪の表面をコーティングして、潤いやハリをキープしてくれます。

トリートメントには、洗い流すタイプとそうでないタイプがあります。

洗い流すトリートメントの使い方はシャンプー後に使います。

シャンプーした髪は、キューティクルが開いているので、トリートメントで髪を保護します。

洗い流さないトリートメントの使い方は、入浴後に使います。表面をコーティングしてくれるので、枝毛を防いでくれます。

おすすめはミルク、クリームタイプです。保湿効果があるので髪もしっとりまとまりやすくなりますよ。

髪がパサつくのは?

未分類

よく行く美容院の美容師さんに、どんなシャンプーやトリートメントがいいのかって聞いたことがあります。

ふつう使っているシャンプーって、多くは市販のシャンプーですよね。

私もそうでしたから。

お気に入りの香りとかで選んでいました。

でも、美容師さんいわく、「市販シャンプーは、すぐに変えたほうがいい」って。
理由は市販シャンプーは洗浄力が強いからってことで、髪にも頭皮にもよくないってことです。

私はすぐにシャンプー変えました!

私の場合、髪がパサツくのが気になっていました。
髪のパサつきって、いやですよね。

女性なら誰だって髪の潤いって気になると思います。潤いのある髪はつやつやしているし。

ところで、どうして髪の潤いってなくなるのかなというと、これは水分不足が原因です。もっともな理由なんですが、そもそもどうして水分不足になるのかというと髪の毛にあるコルテックスという髪の毛の内部にある繊維状のタンパク質からなる層のことです。
髪の内部には3つの層があるそうで、そのうちの一つです。

髪の毛のいちばん中心にあるのがメデュラと層で、その周囲をくるむようになっているのがコルテックス、その外側にあるのがキューティクルです。

コルテックスには水分が貯められているのです。外側のキューティクルで水分を逃がさないようにしているのです。

でも、このキューティクルがダメージを受け、はがれたりすると中の水分が漏れてしまうということで、髪がぱさついてしまうことにつながるんです。

で、注意したいのが日頃のヘアケアの方法で、キューティクルがダメージを受けているってことです。

具体的には、濡れた髪は自然乾燥している、タオルでゴシゴシ拭く、頭頂部からのブラッシング、パーマ、カラーリングを頻繁に行なう、アイロンやコテの使いすぎといったことなんです。

なので髪に潤いを与えるには、そもそも髪にダメージを与えないようにすることです。つまり、熱やほこり、紫外線などから髪を守ってくれるシャンプーやトリートメントを使うことなんです。

とくに補修効果のあるシャンプーがおすすめですよ。

髪が傷んできたときのシャンプー選び

未分類

傷んだ髪をケアしようというとき、まずはシャンプーを変えると思いますが、シャンプーは、市販のものをいくらかえても、市販のシャンプーは、どうしても洗浄力優先です。つまり、市販のシャンプーは、頭皮にとっては、あまりおすすめできない「合成界面活性剤」という洗浄成分がメインに作られています。

これは市販なので、できるだけ多くの人に対応できるようにしているからなんです。
では、どういうシャンプーを使えばいいのかと言うとネット通販で売っているシャンプーを選んだ方がいいのです。

たしかにネットでしか買えないシャンプーは、値段が高めです。でも、少しくらい高くてもネット通販のアミノ酸シャンプーを使う方が髪にはいいのです。

髪が傷むのは、頭皮の環境が汚れや血行不良などで、悪くなり、髪が細くなったり、キューティクルが傷んでいたりすることが要因です。で、その根源的なものが、「合成界面活性剤」である場合が多いんですね。

そのため、頭皮環境を改善していくには、できるだけ頭皮に負担がかからないアミノ酸シャンプーがおすすめなのです。

アミノ酸系シャンプーは、刺激も弱く、マイルドな洗浄力なので、髪を傷めることが少ないのが特徴です。

アミノ酸系シャンプーかどうかの判断は、大雑把に言うとココイル、コカミドといった成分が配合されているシャンプーです。

逆に、ラウリル系の成分が入っている場合は、合成界面活性剤入りのシャンプーです。

このようにまずは、アミノ酸系シャンプ-を選ぶのがダメージケアにつながります。

ページの先頭へ