傷んだ髪をケアしようというとき、まずはシャンプーを変えると思いますが、シャンプーは、市販のものをいくらかえても、市販のシャンプーは、どうしても洗浄力優先です。つまり、市販のシャンプーは、頭皮にとっては、あまりおすすめできない「合成界面活性剤」という洗浄成分がメインに作られています。

これは市販なので、できるだけ多くの人に対応できるようにしているからなんです。
では、どういうシャンプーを使えばいいのかと言うとネット通販で売っているシャンプーを選んだ方がいいのです。

たしかにネットでしか買えないシャンプーは、値段が高めです。でも、少しくらい高くてもネット通販のアミノ酸シャンプーを使う方が髪にはいいのです。

髪が傷むのは、頭皮の環境が汚れや血行不良などで、悪くなり、髪が細くなったり、キューティクルが傷んでいたりすることが要因です。で、その根源的なものが、「合成界面活性剤」である場合が多いんですね。

そのため、頭皮環境を改善していくには、できるだけ頭皮に負担がかからないアミノ酸シャンプーがおすすめなのです。

アミノ酸系シャンプーは、刺激も弱く、マイルドな洗浄力なので、髪を傷めることが少ないのが特徴です。

アミノ酸系シャンプーかどうかの判断は、大雑把に言うとココイル、コカミドといった成分が配合されているシャンプーです。

逆に、ラウリル系の成分が入っている場合は、合成界面活性剤入りのシャンプーです。

このようにまずは、アミノ酸系シャンプ-を選ぶのがダメージケアにつながります。